セフレの作り方とおすすめ出会い系サイトを紹介

セフレの作り方講座・おすすめ出会い系サイト紹介【セフレメイク】

セフレ作りを成功させるための方法完全解説!

男性ならば一度は欲しいと思ったことがあるセフレは、簡単には作れないものだと思いこんでいる男性がかなり多いです。

セフレの良い所は友達でありながら身体の関係もあるという割り切った関係にあります。

恋人は束縛関係になるから要らないけれども、風俗通いばかりでは精神的にも経済的にも辛いなと感じている方は、今こそセフレ作りに挑戦してみるのはいかがでしょうか!

実は、多くの男性がチャレンジするセフレ作りは、ヤリ目の男性と捉えられてしまい女の子からはかなり敬遠され、うまく出会うことが難しくなります。

そういう女性の心理をチェックした上でセフレ作りの方法を知れば、複数のセフレを持つことも可能です。

そもそもセフレとは?その意味は?

セフレが欲しいと思っていても、そもそもセフレの意味を知らなければ誤った相手を探すことに繋がりかねません。

セックスフレンドという名称が示すように、恋人関係では無いにも関わらず、時々セックスをする友達という意味合いです。

互いに束縛をせずに、普段は友達関係でありながら互いの性欲が高まった時には、阿吽の呼吸でセックスをする関係性になるわけです。

彼女とセフレの最大の違いは、互いの性欲に対して我慢せずに発散出来る点が挙げられます。

彼女相手では、ノーマルプレイ以外を求めると変態扱いされてしまい、すぐに分かれを告げられてしまうリスクがあります。

しかし、セフレ相手ならば自分が持つ性癖を理解した上で、相互にセックス内容について要求を出し合って互いに満足しても良いわけです。

セフレを作りたいのに作れない男性が陥る「3つの原因」

セフレを作りたいとチャレンジしても、なぜか失敗してしまう男性は、よく陥りがちな3つの原因に当てはまっていることが多いです。

次の3つの原因を順番に克服すれば、セフレづくりはさほど難しくなくなります。

 1.出会う女性の属性がセフレ対象とズレている
 2.出会ってから女性とセックスへ持ち込む方法を知らない
 3.1度セックスをした女性をキープ出ない
つまり、これらの3つの原因に対して対処方法を知っていれば、セフレ作りのハードルを下げることが出来るわけです。

それでは、具体的なセフレ作りの方法を3つの原因を意識して解説しましょう。

セフレの作り方①!まずはセフレ相手との出会い方を知るべし!

まずは、セフレ相手となる女性との出会い方には3つのパターンがあることを知っておく必要があります。

探すのはあくまでもセフレであって、恋人や援助交際相手を探す場合とは異なる点が多いです。

 1.セフレになる確率が高い女性と出会いやすい出会い系サイトを探す
 2.最初から援助交際を排除出来るナンパや合コンで探す
 3.身近な交友関係ならセフレが欲しいと公言出来る点を利用する

3つ目は意外に思う人も多いですが、セフレ相手を持つ男性の中には元カノや友達の友達をセフレにしている事実が多いことを知っていれば、成功確率が高いと分かります。

セフレ女子と出会うには① セフレになりやすい女子と出会える出会い系サイト

セフレ作りを行う際に外せないのは、出会い系サイトを利用することです。

まずは出会いのキッカケとして、セフレ候補となる女性と知り合う必要があるので、不特定多数の女性から探せる出会い系サイトは適しています。

全く出会いに対して意識していない女性と会っても、余程のイケメンでもない限りは先へ進むことはありませんが、出会い系サイトに登録している時点で出会いを求めていることは確かです。

セフレになりやすい女子が隠れていると分かっていて、出会い系サイトを避ける理由は全く無いことが分かるでしょう。

ちなみに出会い系サイトでも「無料出会い系サイト」はあまりおすすめできません。

無料出会い系サイト使っても経験上、業者やサクラがかなり多く、まず女性と出会うことは不可能に近いと思います。

できるだけ好みの女性との出会いを求めるなら「有料出会い系サイト」を利用することをおすすめします。

セフレ作りに出会い系サイトが適している理由は?

では、セフレ作りに出会い系サイトがなぜ適していると言えるのでしょうか?同じ女性が集まる場所ならば他でも良いと思われがちですが、援助交際相手を探しているわけではなく、結婚相手を探している人も少ない場所として出会い系サイトならばどちらにもあてはまりやすいです。

セフレの前提として友達になることが必要ですから、単なるヤリ目と思われたら失敗に終わります。

出会い系サイトには、アダルトカテゴリーからピュアな出会いまで様々な掲示板が用意されているので、セフレ作りのキッカケとして共通の趣味の話題から入ることが出来ます。

また、女性目線から見た時には、出会い系サイトは次のような理由から、セフレ作りに適しているとかんがえられるわけです。

出会い系が適してる理由① 共通の友人がいなくて安心

女性の立場からは、共通の友人がいるとセフレ関係になったことを周囲の人達に公言されてしまい、尻軽な女と思われてしまいがちです。

本当はセフレが欲しいと思っているビッチな女性であっても、共通の友人に知られてしまうことは変な誘いを掛けられて面倒だという思いが出ます。

出会い系サイトで知り合った男女ならば、共通の友人がいないので、例え一方が周囲の人間にセフレがいると公言されても、自分の友人に知られることはありません。

例え気づかれそうになっても、赤の他人だという宣言をしてすぐにセフレ関係を切ることが出来るわけです。

男女問わずに性欲はあるものの、女性にセフレがいることを公言している人は少ないです。

出会い系が適してる理由② 出会いに飢えている女性側が多い

出会い系サイトに登録する女性は、そもそも周囲に知り合える男性が少ないという問題を抱えているので、男性を選り好みして付き合うことが出来ない環境にあります。

出会いに飢えている女性が出会い系サイトに登録していると、男性からの誘いが多い分だけ選り取り見取りで選べるわけです。

男に飢えている女性が多いことを知った上でアプローチすれば、女性の心理状態を予測しながら誘いをかけることが出来ます。

なぜ周囲に出会いが少ないのかという理由を聞き出すことが出来れば、セフレ候補となれるかある程度判断が出来るようになるわけです。

真剣に結婚相手を求めている女性を選んでしまうと、セフレではなく恋人候補となってしまうので、本来の目的であるセフレ作りとは路線が変わってしまいます。

セフレを作るために使うべき、おすすめ出会い系サイト3選

出会い系サイトには様々な種類が存在しており、利用目的によりセフレ・援助交際目的・友達募集・恋人候補探しと様々です。

セフレを作るために使うなら、最初からセフレ探しに適した出会い系サイトを使う必要があります。

条件として、実際に会える出会い系サイトであって、会員登録数が多くアクティブ率が高いことが挙げられます。

様々なサイトを比較した上で、セフレ探しにおすすめな出会い系サイトは次の3つです。

おすすめ出会い系サイト① ハッピーメール

累積会員数1,600万人以上を誇るハッピーメールは、ピンク色のサイトカラーとアプリ展開により、幅広い世代の女性からも支持されています。

アダルトカテゴリーだけでなく、ピュアな出会いも重視しているので、趣味友探しから今夜のワンナイトラブまで様々な出会いの形を提供してくれるわけです。

年齢確認だけでなく、プロフィール欄に大人の関係を希望するかどうかを記載する項目が用意されており、女性がどのような出会いを求めているか言葉に出さなくても推し量ることが可能となっています。

比較的真面目な出会いを求める女性が多いものの、彼氏彼女の関係までは望んでいない男女も多いので、友達以上恋人未満のセフレ関係を希望する女性を見つけやすいです。

ハッピーメールは、気軽な関係から出会いに発展させたいと考えている女性が多数登録しており、充実したプロフィールにより実際に会うまでに相手のことを詳しく知ることが出来ます。

おすすめ出会い系サイト② ワクワクメール

2001年から運営されているワクワクメールは、老舗出会い系サイトとして知られています。

即日アポイントを取りやすい特徴があり、レスポンスの早さに定評があるので、若い世代を中心に人気です。

ワクワクメールは運営の監視体制がしっかりしているので、通報制度により援デリ業者に対してすぐにアカウント凍結処理をしてくれます。

外部有志による会員データベースがあるので、事前に常連となっている女性については利用目的を把握可能です。

性欲を発散する目的で利用している女性が多いので、軽いノリからセフレを作る際に活用出来ます。

ワクワクメールは、毎日1,000人を超える会員が新規登録しているので、新規登録会員狙いをすれば常に新しい女性にアプローチ可能です。

ナンパ待ちをしても声をかけてもらえなかったり、合コンで良い男性と会えなかった女性が、今夜の相手を求めてワクワクメールに登録しているケースが多いので、即アポイント狙いが多くなります。

おすすめ出会い系サイト③ Jメール)

福岡発祥のJメールは、九州地区で特に知名度が高い出会い系サイトです。

運営母体が福岡でミントCというテレホンクラブを長年営業しているので、セフレ狙いで多くの男女がアクセスしています。

元々は九州限定の中規模出会い系サイトでしたが、全国展開を開始したことで会員数がうなぎ上りとなっています。

実際に会える女性を見分ける際に少々コツが要りますが、会えた場合には大手出会い系サイトには無い出会い系サイト慣れしていない女性に会える確率が高いです。

Jメールでセフレ探しを行うためには、5通以内に会う約束をしてすぐに直接連絡へ移行することがコツとなっています。

直接連絡先を聞けない女性とは会えないことが多いので、セフレを探すなら5通以内に直接連絡先交換出来る女性に限定すると良いです。

出会い系アプリ(マッチングアプリ)でセフレ作りは可能?

出会い系アプリの中でもマッチングアプリを利用すれば、恋活の延長としてセフレ作りが出来ると考えがちです。

しかし、pairsやゼクシィ恋結びといったマッチングアプリ経由での出会いは、恋人関係になることを前提とした真面目過ぎる出会いを求める男女が多いので、セフレになることは稀です。

大手出会い系サイトよりもセフレ関係になるまでのハードルが高いと知っておく必要があります。

女性と出会うという面では良いアプリですが、セフレ探しという目的とはズレてしまっているわけです。

セフレ作りに慣れて、腕試しで別のジャンルに属する女性を狙う時にマッチングアプリにチャレンジすると良いでしょう。

マッチングアプリなら、恋人探しの結果としてセフレが出来てしまったというハプニング狙いが中心となります。

セフレ女子と出会うには②ナンパや合コンでセフレ関係を作るための出会いの方法

セフレ女子と出会うなら、古くからある方法としてナンパや合コンでセフレ関係を作るやり方があります。

出会い系サイトよりも咄嗟の判断により、目当ての女性に声をかけて誘う方法は、2人きりになるまでの時間を最小限に抑えることが出来ます。

ナンパや合コンにより、当日すぐに連絡先交換やデートが出来るかどうかは、本人のトーク力と成功体験が重要となるので、ひたすら数をこなして勘を養うことが重要です。

合コンとナンパでは、共に顔を合わせた当日中にセフレ関係になれる可能性を秘めているという点では共通です。

しかし、セフレ作りを行うためにはナンパが有利とされているのはなぜでしょうか?理由を知った上でアプローチすれば、納得出来るはずです。

セフレ狙いの女性と出会いたいなら、合コンよりナンパがおすすめ

セフレ狙いで女性と出会うならば、合コンよりもナンパが有利と考えられています。

なぜなら、合コンは少なくとも男女共に複数名ずつで会うことになるので、男性同士と女性同士は友達関係や会社の同僚といったケースが多くセフレ関係だと言いふらされたら困るからです。

ナンパならば、女性は単独でナンパされることになり、少なくとも共通の友人がいないので、男性側のセフレ自慢に巻き込まれるリスクが無く、セフレ関係となっている男性がいることを女性の友人に知られません。

また、ナンパする場所により女性の属性が異なるので、1日で複数の場所を移動しながらナンパすれば、様々な女性を狙えます。

合コンではセッティングが必要となるので、1日に何箇所も合コンに回ることは現実的ではありませんる

おすすめナンパスポット3選。

ナンパされにきてる"ガードがゆるい女子を狙え!

合コンよりもナンパならばセフレ女性と出会いやすいことが分かっても、ナンパされにきている女性を狙わなければ、自らハードルを上げてしまっていることになりかねません。

ガードが堅い女子をナンパしても、食事には誘えてもセックスには至らず、目標のセフレ化には程遠いわけです。

ナンパする際にセフレ候補となる女性が多い場所を中心にアプローチすれば、最初からガードのゆるい女子をターゲットに出来ます。

これからセフレ作りのためにナンパするなら、次の3スポットを狙うと良いです。

成功率の高いナンパスポット① クラブ

貞操観念が低めで男性にチヤホヤされたい女子が集まるクラブは、格好のナンパスポットです。

渋谷や六本木のクラブだけでなく、地方にはナイトクラブが繁華街にはあるので、地域ごとに賑わっているクラブを探すとナンパスポットが見つかります。

毎日クラブに遊びに来ている女子よりも、女性が複数名で入店すると特典があるために一緒に連れてこられたクラブ慣れしていない女子を狙うと良いです。

なぜなら、クラブに付いてくることからも押しに弱く、お人好しな面があるので、ナンパを普段から受け続けていないために話を聞いてくれるからです。

トーク力次第でお持ち帰りしやすいのは、クラブの常連ではなくたまたま来ている素人女性が狙い目となります。

成功率の高いナンパスポット② バー・居酒屋

バーや居酒屋の中には、女性がポツンと1人で飲んでいるケースがあります。

理由は様々ですが、インターネット検索するとナンパスポットとして知られているバーには、ナンパ待ちしている女子が含まれているわけです。

誰かと話をしているわけではなく、1人または女子のみ2人で飲んでいたら、声を掛けてみると反応の違いでナンパ待ちしていたのか判別出来ます。

普段よく行くバーや居酒屋を話しの中で聞き出しておくと、次回以降のナンパスポット候補を増やすことが出来るので、ストリートナンパで1日潰すよりも効率良くナンパ出来ます。

成功率の高いナンパスポット③ 駅ビル周辺

駅ビル周辺で1人待っている女子を見つけたら、ナンパ出来るチャンスです。

なぜなら、駅ビル周辺は有名なナンパスポットとなっていることが多く、本当に待ち合わせをしている女子であっても、連絡先交換の数分程度なら話に付き合ってくれる可能性が高いからです。

待ち合わせの相手が来るまでという名目で話をすれば、やっぱり来ないから遊びに行こうという誘いに繋がります。

ただし、近畿地方には『大阪府公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例』第10条第1項第1号を始めとする条例があるので、キャッチが多い地域や条例の取り締まりが厳しい場所は避けるべきです。

駅ビル周辺はナンパ声掛けの難易度が高い分だけ、成功した時にセフレとなる確率が高い場所でもあります。

ナンパからセフレ関係になるまでの流れ

ナンパをして連絡先を確保したり、そのままデートに付き合ってもらえるならば、まずはカラオケに誘う方法が良いです。

なぜなら、カラオケで共に歌ったり話すことで距離が縮まり、親密な関係に近づくからです。

曲の合間に話す時に、セフレの有無をチェックしたり現在のセックス環境に満足しているか、冗談を交えて聞くことで興味関心を持ってもらいやすくなります。

まずは一度ホテルへ連れ込む事ができれば、セフレ関係へ繋がりやすくなるわけです。

あくまでも相手女性に惹かれて興味関心が湧いたから聞いているという体裁で進めると、本音を話してもらえるだけでなく、徐々にボディータッチが増えても拒否されなくなります。

一度ホテルへ入ってから、セックスで満足させることが出来れば、離れたくないという気持ちを芽生えさせることが出来るわけです。

セフレ女子と出会う方法③ ノリでセフレが欲しいと冗談交じりで強行突破!

セフレ女子と出会うために出会い系サイトやナンパを行うだけでなく、自らの交友関係の中にもセフレ女子と知り合う機会があります。

なぜなら、女性同士が女子会で話す内容は、男性が周囲に誰もいないことを口実として、残酷なほどに赤裸々なトークを展開しているからです。

男性同士以上に女性同士では、女子校トークのノリでセックス事情を恋愛事情と同様に語り合うことが珍しくありません。

仲が良い女友達の前で、ノリでセフレが欲しいという宣言をしておくだけで、女友達からの紹介で欲求不満が溜まっている女子を紹介してもらえる可能性があります。

周りの女性友達にセフレになれそうな子を紹介してとノリで言い続ける

余程の堅物な男性でもない限り、女性友達の中には下ネタを話しても大丈夫な女子がいるはずです。

内容は冗談ぽくても真顔で、実はセフレになれそうな子を紹介して欲しいと女性友達に繰り返し言い続けると、しょうがないな~というノリで友人を紹介してくれる可能性があります。

先にデートして互いにフィーリングが合ったらセフレになりたいと考えている点を強調すると良いです。

彼氏彼女の束縛する関係は避けつつも、アッサリした関係を希望している女子がいたら紹介して欲しいという点を伝えることが重要となります。

単なるヤリ目では無い点を強調するわけです。

セフレ相手を探している女性を見つけるゲームだと考えよう

周りの女性友達に何度かセフレが欲しいと冗談めいて言っていると、女性友達の中にはセフレにピッタリな女子に心当たりがある人が少なくありません。

女子会トークで盛り上がった時に、彼氏がいなくて悶々としている話をしたり、オナニーが日課になっていてバイブやローターがお友達という女性同士の話題が出ていることがあります。

あの子と合わせたら面白いかもしれないと思わせることが出来れば、女性友達からの紹介を受けやすくなります。

最初に紹介してセフレになってくれたら、欲しい物1つプレゼントすると賞品を設定すれば、ゲーム感覚になるわけです。

友達にセフレを紹介してもらうメリットとして失敗しても冗談で済む

女性友達にセフレを紹介してもらいたいとノリで言うことは、周囲の反応を見て「なーんちゃって」と最後に言えば、冗談で済ませることが出来ます。

何度か繰り返すことで、また言っているよ~という反応を得ることが出来れば、悪戯っぽく本当にセフレ候補を紹介したらどういう反応を示すかというノリで返してもらえるようになります。

セフレが欲しいという思いは、男女間で認識のズレがあるので、日頃から冗談とノリで本音トークが出来る交友関係を心掛けると良いです。

セフレの作り方② 女性と出会ってセックスまでもっていく方法

出会い系サイトやナンパで女性と出会えたら、いきなりセックスに誘うのではなく、デートで引きつけた上でワンナイトセックスをまずは目指す必要があります。

いくら甘い言葉を囁いても、セックスに至るかどうかの決定権は女性側にあるので、最終的にOKしてもらえなければ単なるデートで終わってしまいます。

デートに誘うといった流れも、何か1つ自分の魅力を感じ取ってもらうためでもあるわけです。

連絡先交換する段階で与える第一印象とその後のアプローチは、1度セックスに持ち込めたら同じパターンが使えると考えて良いです。

魅力のある男性だと女性に認識してもらう

セフレを作るためには、女性に対して自分の魅力を感じ取ってもらう必要があります。

日本人の特徴として、自分の個性や魅力を相手にアピールするのが下手な人が多いです。

最終的にはセフレを目指すわけですから、長く付き合っても安心できる誠実さと清潔感は、最低限押さえておかなければなりません。

女性が魅力的だと感じるポイントは人それぞれ異なるので、アピール出来るポイントが多いほど女性が魅力的に感じてくれるわけです。

では、女性はどのような面で魅力を感じてくれるものでしょうか?

相手にルックス・経済力・人間性のどれかで魅力を感じてもらう

女性が相手に対して魅力を感じるポイントは、個人差があるものの共通してルックス・経済力・人間性の3つが当てはまります。

全てを兼ね備えた男性ならば、セフレの作り方に悩むこと無く既に複数名のセフレと付き合っているはずです。

どの魅力も身に付けていなければ、意識的に魅力があるよう女性に対して印象付ければ良いわけです。

セフレは彼女とは異なるので、私生活に深く入り込むことはありません。

例え女性側が魅力に感じた部分が、女性の勘違いであってもセフレ作りには好都合です。

ルックスで魅力をを感じてもらうためには。

ルックスについては、100点満点を目指すのではなく、女性は主に4つの段階で男性を評価しているので、明らかに避けられてしまう水準を避けるだけで十分です。

「抱かれたい」「どちらでもない」「出来れば抱かれたくない」「絶対無理」の4つの段階で判断されてしまったとしても、どちらでもないという一見すると良くない評価でも十分です。

清潔感と誠実さを持ち合わせていれば、人間力でカバー出来るので、整形してまでルックスで魅力を感じてもらう必要はありません。

60点を目指すくらいで良いわけです。

経済力で魅力をを感じてもらうためには。

女性が男性に対して魅力を感じる指標となるのは、ある程度の経済力を持っていることです。

なぜなら、ステータスを持つ男性とは知り合いになっておきたいと考える時点で、少なからず魅力を感じていることになるからです。

お近づきになりたいと思わせる程度の余裕は、デート時のお店選びであったり、ホテル代をさり気なく出す程度は最低限行うと良いでしょう。

食事に行く時点で予約するお店をすぐに思いつけるだけの余裕がある雰囲気を出せれば、直接お金があると言わなくても女性側が察してくれます。

人間性で魅力を感じてもらうためには。

ルックスや経済力で魅力を感じてもらうよりも簡単な方法として、人間性で魅力を感じてもらう方法があります。

女性は強い男性に対して魅力を感じやすいので、価値が高い男性だと思ってもらうことが重要です。

セフレを作ったことが無い人であっても、女性に対して堂々とした態度で接することが出来て、物怖じせずに女性に媚びることがなければ、女性を扱い慣れているという印象を与えられます。

会っている時に、会えて他の女性の話をすれば、対抗意識を芽生えさせると同時に他の女性も魅力を感じている男性だと思わせることが可能です。

多くの男性がセックス目当てに女性に対して下手に出る傾向がありますが、女性よりも優位に立つことでセフレ作りも優位に進められます。

ワンナイトセックスへもっていく方法

出会ってからワンナイトセックスへ持ち込めば、セフレになってもらいやすくなります。

出会い系サイトやナンパにより連絡先交換が出来た女性とは、デート後になるべく早くラブホテルへ連れ込めると良いです。

なぜなら、ダラダラとデートを続けてもセックス前に満足してしまう女性がいるからです。

そこで、女性に対して好意を持っていることを伝えつつ、女性にとってセックスする言い訳が立つ誘い方が重要となります。

ワンナイトセックスへ持ち込むパターンを自分の中で作り上げることが出来れば、セフレ作りが楽しくなるはずです。

最初からセックスを狙うべき理由とは?

女性にとって何らかの魅力を感じた男性とセックスすることは、生物学的に考えても本能に従った行動と言えます。

出会ってからなるべく早くセックスを狙う理由は、一度セックスした相手を手放したくないという傾向が女性には強いからです。

女性にとって魅力を感じてセックスした男性が、実は大して魅力が無いと薄々気がついても自分がセックスした相手を価値が低い男性だと思いたくない心理が働きます。

2度目のデートに至るまでの心理的な結びつきに違いが出るので、例えワンナイトセックスであったとしても、最初からセックスを狙うことはセフレ作りにとって重要です。

デートの終わりに「今日はまだ一緒にいたい」と伝えること

セフレ作りだからといって、いきなりラブホテルへ連れ込もうとせずに、しっかりとしたデートプランを練って女性に心地よい気分になってもらうことが重要です。

相手女性を大切にしていることを示しつつ、男性としての余裕を見せた上で、デートの終わりに「今日はまだ一緒にいたい」と伝えることが重要です。

女性を直接にホテルへ誘うことはせずに、2択で問いかけることも効果を発揮します。

静かな場所で話したいとだけ伝えるよりも、静かな所と騒がしい所のどちらで話したいかと質問形式にすると効果的です。

セックスにもっていく前までのデート内容が成功率を変える!

セックスに持ち込むまでの間にかかる費用は、女性から見ても分かる程度にケチらないことが重要です。

相手女性に対して好意を持っていることをデート中に伝えておき、タクシーを止めて乗り込む時にラブホテル行きの選択を迫れば、デート費用を考えてセックスに持ち込める可能性があります。

タクシー代を出させておき、ラブホテル前から消えるような女性は滅多にいません。

デート内容から、誠実さと清潔感を女性に抱かせることが出来れば、ワンナイトセックスに持ち込むことが出来ます。

セフレの作り方③ 一度セックスした相手をセフレとして維持する方法

ワンナイトセックスに持ち込めたとしても、セフレ相手にするためには関係を維持する工夫が必要です。

数回のセックスをしただけで関係が終わってしまうことも多いので、セフレとして維持することは難しいとされています。

女性は男性に追いかけられるよりも追いかける方が熱中しやすいので、長く都合が良いセフレ関係を続けたいなら、気持ちの駆け引きが必要で。

セフレとして関係を維持する2つの方法を知った上で活用すれば、長くセフレ関係を続けられる可能性があります。

セフレとして維持する方法① セックス後は恋人関係かどうかを曖昧にする

女の子にとってセフレという言葉は、セックスの道具にされている印象を持つので、好意的な言葉として認識されていません。

そこで、女の子がサッパリした性格をしていて、セフレ関係に肯定的だと分かっている場合を除き、数回のセックス後に2人の関係性について質問してくることが多いです。

恋人関係と友達関係のどちらなのか明確に線引を迫られたとしても、セフレ関係を続けたいならセフレという言葉を使わずに、独自の言い回しで恋人関係かどうかを曖昧にすると良いです。

同じ追求を何度も行うと、女性にとっては好きでいてほしいので、曖昧なままの関係をそのまま続けても別れることだけは避けたいと考えるようになります。

友達以上恋人未満の微妙な関係性のまま曖昧にしておくことが、2人にとって良いことだという印象を持たせることがセフレ関係を長続きさせる秘訣です。

セフレとして維持する方法② 恋人関係の雰囲気で女性を勘違いさせセフレ関係に

何度かセックスを続けるうちに、女の子から「私のこと好き?」など聞かれ、恋人関係であることの確認を求められることがあります。

交際開始としてどちらかが付き合って欲しいと明確に言っていない場合、セフレ関係を続けるためには女性に恋人関係だと勘違いしてもらう方法が男性にとって都合が良いわけです。

相手女性に対して、恋人関係になってもサッパリした付き合い方をしているから、友達の時と付き合い方や連絡方法を変更しないと宣言しておくことで、女性に恋人関係にあると勘違いさせてセフレ関係を維持する方法があります。

道徳的にちょっと問題があると思われても、セフレ関係にある男女間で多いパターンであることに変わりありません。

友人の話では、セフレ関係でいいから男性と知り合いたいと出会いの数を増やし婚活している女性もいるらしいので、流れに任せて「付き合おう」などとは絶対に言わず、婚活女性に捕まらないよう気を付けましょう。

セフレを作って一度きりの人生を楽しもう

セフレを作るための出会いの方法から、関係の維持までセフレ作りについて見てきましたが、実際には様々なセフレ作りの方法があります。

何度も挑戦して経験を積み、一度自分なりの手順を作り上げることが出来れば、どこに行っても必勝パターンで繰り返しセフレを確保出来るはずです。

セックスを行う相手とは、長くても数年以上セフレ関係が続くことは稀ですから、常にセフレは1人に限定せずに、複数名の女性を確保しておくと良いでしょう。

好みの女の子を複数セフレにしてしまいハーレム生活を経験することも可能かもしれません。

一度きりの人生ですから、彼女とは異なるセフレならではのセックスを行うことで、日々の生活に悦びと豊かさを得られれば、自分に自信もつき多少仕事が忙しくても充実した毎日が送れます。

セフレを作り維持出来るだけの精神的・経済的な余裕を持った状態で人生を謳歌出来れば、満足した人生を過ごせるでしょう。

投稿日:

Copyright© セフレの作り方講座・おすすめ出会い系サイト紹介【セフレメイク】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.